「がまんぎりぎりさーてぃーみにっつ」のヒントを、このページで掲載しています。自力で頑張りたい場合は見ないでくださいね。リカちゃんのおもらしを見すぎて心が折れたら、このページを下方向にスクロール。

最終更新は8月3日です。

ソフトの入手はこちらのページからどうぞ。無料です。



























まさか公開して数時間で解かれるとは思っていませんでした……。すごいです!(*´д`*) 24時間ぐらいは持ちこたえると想定してたんですけどねぇ……。('A`) ともあれ、このゲームのヒントをダラダラ書いていきます。

■尿意アップ率

まずはゲームの仕様について。数値計算は、2種類の要素をもとにして行っています。そのうちの1つが、「選択したコマンド」と「尿意の状態」から求められる「尿意アップ率」。表を載せます。

表の数字が大きいほど尿意の抑制効果が高い=「尿意アップ率」が抑えられる、という意味です。色が塗ってあるのは「こうかはばつぐんだ!」と表示される組みあわせです。

ヒントA

例として、Lv4+のコマンドを尿意199以下で使うと、55~64秒の経過時間に対して「ある固定率」をかけ算した約22~25ポイントの尿意がたまります。尿意399~200では、尿意199以下の時よりも効率が悪く、経過時間は同じですが「ある固定率」の率がよくないため、尿意は約26~30ポイントたまります。

ということは、「こうかはばつぐんだ!」のコマンドを消化していけばクリアできる……ように見えるかもしれませんが、その方法ではコマンド回数が少しだけ不足する設計になっています。コマンド切れを防ぐには「タイムボーナス」が必要です。

■残り秒数の末尾

数値計算における、もう一方の要素が「残り秒数の末尾(1桁目)」です。「選択したコマンド」と「秒の末尾」によって経過する秒が決まります。これは内部の固定テーブルを参照しているため、同じコマンド、同じ秒末尾であれば、経過する秒数は同じです。タイムボーナスも、この固定テーブルに準じます。

下の表は、ある秒末尾でコマンドを実行すると、次の末尾がどうなるかを示したものです。色の塗られている部分がタイムボーナス付き。例えば、残り秒数の末尾「6」でLv4+のコマンドを使うとタイムボーナスが付いて、次の末尾は「7」に変わります。

ヒントB


……まとめると。こんなゲーム構造です。

 1.「尿意」の値によって効果的なコマンドが変わる
 2.タイムボーナスはプレイヤーが意識して狙える

なお作者としては、末尾「9」でLv3+を選び、末尾「6」に変わったらLv4+を選ぶコンボに気が付いたらクリアできるだろうなーと想定していました。尿意400あたりまでコマンドを温存し、このコンボを何度も使えばいいんじゃないかと思います。

作者から出せる情報はここまでです……というか、これがすべてです。表を見ながら、効率的なコマンドの順序を探してみてください!(´∀`)

葵屋かなた 拝

※このページのコメント欄は閉じてあります。
 コメントは、ソフトを配布しているページにどうぞ。